レジオネラ菌の感染者数数値について

◆2016年 第5週(2月7日現在)のレジオネラ症感染者数 

 国立感染症研究所の感染症発生動向調査週報(IDWR速報データ)
 第5週の速報によると108名の感染者が報告されました。
 昨年(2015年)の同週は113名で、4.4%減っています。

◆報告数が多い都道府県
  ①神奈川県・・・・10名 (-9)
  ②大阪府・・・・・・9名 ( 0)
  ③東京都・・・・・・8名 (-2)
  ④埼玉県・・・・・・7名 (+1)
  ⑤千葉県・・・・・・6名 (+3)
  ⑥兵庫県・・・・・・5名 (+2)
  ※( )内の数字は前年同週との比較
  人口の多い地区における報告が比較的多い傾向にあります。
 (注)感染地と報告された都道府県とは必ずしも一致するものではありません。

上記は社会法人 全国水利用設備環境衛生協会による発表です。
実際は感染しているが、診断されずにカウントされていない方も多数いると思われます。レジオネラ菌1 レジオネラ菌2

特に小さいお子様・お年寄りは感染リスクが高くなります。

当社のプレミアム風呂釜洗浄で徹底的にお掃除致します。 

このページの先頭へ